喫茶店開業の営業許可


喫茶店開業するためには保健所の許可が必要となります。喫茶店開業の場合は、「飲食店営業」か「喫茶店営業」のどちらかを申請する必要があります。「飲食店営業」か「喫茶店営業」のどちらかにするかは、どんな喫茶店にするかで変わってきますので注意してください。

喫茶店開業のための営業許可は「飲食店営業」か「喫茶店営業」で分かれます。「喫茶店営業」の場合は、酒類以外の飲食または茶菓を客に飲食させる営業をする際に必要なものとなります。また「飲食店営業」の場合は、更に食事メニューの充実を考える場合に必要です。どちらにするかは、それぞれの喫茶店のコンセプトによって変わります。

喫茶店開業するには、営業許可を所轄保健所の食品衛生課に申請します。ただ営業許可をもらうためには店舗に1人、食品衛生責任者を置くことが義務づけられています。食品衛生責任者となるには、調理師、栄養士、製菓衛生師等の資格が必要となりますが、喫茶店開業を考えている人の中には、これらの資格を持っていない人も多いと思います。

喫茶店開業のためには、食品衛生責任者の資格を取得しなければいけません。ただ持っていない場合は、保健所が実施する食品衛生責任者のための講習会を受講すれば資格を取得することができます。「食品衛生責任者養成講習」は、都道府県知事等の指定を受けた「食品衛生協会」等が、年数回〜月数回実施しています。受講資格に制限はありませんので、誰でも受講し資格を取得することができます。
喫茶店開業は食品衛生法に基づいて営業許可を受けなければいけません。